はっとり建装の現場レポートをご覧頂きありがとうございます!

スタッフの田中です!!

今回は、江東区大島のM様邸にて作業を行いましたので、現場レポートをご紹介させて頂きますね。

【前回の様子】外壁目地のシーリング補修工事|葛飾区東金町のS様邸にて塗り替え塗装中

外壁目地のシーリング補修工事

今日は塗装前の外壁目地のシーリング補修をメインに作業を進めました。

外壁材同士のつなぎ目や、サッシなどの建具とコンクリートの接合部分など、建物にはその構造上、必ず隙間が生じます。

その隙間を埋める詰め物が、”シーリング材”。

別名、コーキングとも呼ばれることもあります。

シーリング材は弾力性に富み防水性バツグン。

地震などによる建物の揺れを吸収したり、建物内部に侵入しようとする水をブロックする役目を担ってる為、外壁塗装で一番重要な工程と言っても過言ではありません。

しかし、経年劣化によるシーリング材の硬化やひび割れは、放っておくと雨漏りの原因になりかねません。

増し打ちや打ち替え工事を行い、元々備わっていた性能を取り戻す事が、建物の延命につながります。

本工事は弊社社長も自ら施工しております。

シーリング補修が完了したあとは、外壁の下塗りを行っていく予定です。

以上、現場からお伝えさせて頂きました!